「日々成長」するための教育のしくみ[患者様に選ばれる薬剤師になるために]

取締役 執行役員
調剤部長

余座 泰宏

Yasuhiro Yoza

さまざまな現場で経験を積むことができます。
調剤薬局といっても、立地によって扱う薬も、処方箋も、患者様も全く異なります。ミネ薬局ではさまざまなタイプの調剤薬局があるので、それらを経験していくことで、どんな場所でも活躍できる薬剤師の実践的なスキルが身に付きます。
求められるのは『人間力』『論理的思考』『リーダーシップ』。
薬剤師というと薬の知識を持っていることは当然ですが、同じくらい大切なのがコミュニケーション力です。接客業でもあるので、相手の方に合わせながら、忙しいときも冷静な判断を行い、職場の仲間と協力しながら最善の方法が提案できる人材を求めています。
『地域一番店』としての誇りを持ち、医療人として社会に貢献できる職場づくり。
立地の良さ、患者様への接遇力の高さやサービス内容、仕事の効率化やスピーディな対応など、調剤薬局としてのトータルなサービスにおいて、常に地域の一番になる店舗づくりを目指しています。

調剤部 教育情報室
室長

亀井 厚子

Atsuko Kamei

日々進化する医療知識や制度、常に最新のものを
一生学び続ける姿勢が大切です。
学生時代に学んだ知識だけで薬剤師は務まりません。常に更新される医療情報を、毎日『教育情報室』から発信し、ネットによって個人が引き出し学んでいます。最新の医療情報を全社で共有し、薬剤師が自ら身に付けてこそ、患者様の信頼に応えることができます。
調剤薬局を出るドアでもう一度振り向いて、
「ありがとう」といってくださる笑顔のために。
病気で具合が悪い患者様が、調剤薬局を出る時に、ドアの前でもう一度振り向いて「ありがとう」と挨拶されてお帰りになる。患者様からそうしたお言葉やお気持ちをいただけることこそ、相手に信頼される薬剤師の仕事だと思っています。人と人との結びつきこそが、医療の基本です。
何かしらに責任を持つ、ひとりひとりに役割が与えられます。
毎年、多くの後輩が入社し、学生の病院実習も受け入れていますので、入社2年目からは先輩として薬局内での担当が発生します。人は人に教えることで知識が増し、責任を持つことで大きく成長します。優秀な医療人を育てるための環境を用意しています。

私たちが学べること

薬剤師としてのスキルアップをサポートする、
教育制度をご紹介します。

教育制度には、新入社員研修と全社員向け研修があります。
薬剤師の基本を身に付けた後も、学びたいと思ったタイミングで、
テーマごとに受講することができるので、
学びと実践を繰り返し、確実なスキルアップにつながります。

新入社員研修

1週間の座学研修の後、2週目から現場でOJT研修を受けます。さまざまな形態の薬局を経験しながら、薬剤師の実践的なスキルを身に付けます。さらに、フォローアップ研修では、同期全員が集まり、これまでの振り返りを行い、さらに知識を深めます。

全社員向け研修

  • 病院連携勉強会

    病院と連携した勉強会

  • 薬局内勉強会

    薬局内で行う勉強会

  • eラーニング

    誰でも好きな時に
    自由に利用]できる勉強ツール

  • 会社主催勉強会

    研修センターでの勉強会

  • 認定薬剤師取得補助

    eラーニングでの研修

自分に合わせた勉強方法で
薬剤師としてのスキルを向上できます。

全社員向け研修

「なりたい自分」になるための
キャリアステップシステムがあります。

あなたはどんな薬剤師になりたいですか?
何年後かの自分の姿を想像してみてください。
ライフプランをたてることで、自分の成長がどんどん実感できるようになります。

さあ、あなたは何を目指す?
ミネ薬局グループのお仕事紹介

勤務薬剤師

●薬局で薬剤師の知識を高める
●各講座でスキルアップする

副薬局長

●ふつう以上の評価で3年間勤務
●次期薬局長としての能力を持つ
●向上心がある

薬局長

●副薬局長としての任務ができる
●薬剤師に対する指導・教育力が備わっている
●薬局内全体の運営と管理能力がある

マネージャー

●グループ店舗の状況を把握したシフト管理
●医療機関や周辺薬局の情報収集
●売上・処方箋枚数や所要時間のコントロール